MENU

【新入社員さんへ】土木工事の測量【基本編】2022年版

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

はじめに

今回は

【新入社員さんへ】土木工事の測量【基本編2022】

というテーマで

この春に入社したばかりの

新入社員さんに向けた内容です!

いままで測量関係のブログは

結構書いたつもりですがw

新入社員さん向けの内容がなかったなぁ〜

と思ったので今回書いてみました♪

スキル的には本当に初歩的な内容を

解説しますので

ある程度、測量できるかたは

この動画はスキップしてくださいね^^

解説する視点は

公共工事を主体とする

建設会社に入社したばかりの

新入社員の技術者さんの視点

で解説していきます♪

【新入社員さんへ】土木工事の測量【基本編2022】

①:そもそも測量とは?

②:座標と標高

③:水準測量 (標高を測量する)

④:トラバース測量 (座標をつかって測量する)

④:トラバース測量 (座標をつかって測量する)

いやいやまってくださいよ!
その程度の
内容は学校で習ってきているのでは?

なるほどっ!
まぁそう思う人もいてはるでしょうね

でも

いまは土木の指定学科以外

の学校からも

幅広く人材を採用している時代です

なので

そもそも

”測量の基礎知識を教えてもらっていない”

って人も多いですよね(^_^;)

そのような人にむけた動画をつくることは

社会貢献になるかと

勝手に解釈して今回の動画を作ってみました^^

測量の基礎知識のインプットとして

読んでいってください!

【新入社員さんへ】土木工事の測量【基本編2022】

①:そもそも測量とは?

まず結論は

工事現場で位置・場所を確定させる

ということになります!

理由は

設計書どおりに構造物等のモノをつくるためには

客観的なルールと方法が必要やから

ということになります^^

ここから具体例まじえて解説すると

工事業者ごとに勝手なルールや方法で測量して

構造物等の位置を確定させたら

世の中エライことになりますw

なので

キチンとしたルールや方法がいるよねっ

てことです^^

このあたりの内容については

ぼくが以前、ブログと動画でだしていますので

参考にしてくださいな^^

また国土地理院さんのHPにも

そのあたりの内容が書いてありますので

参考にしてください^^

国土地理院HP

いやいやまってくださいよっ!
国土地理院には工事以外の目的
もあるのでは?

もちろんそうですよね(^_^;)

国土地理院は

工事のためだけにあるのではありませんからね

日本の国土全体を

管理しています

その中の1つとして

工事も関係あるってイメージです

国土地理院は

測量だけでなく地形など

国土に関するあらゆるルールや方法・申請等の

窓口になるお役所さんです

なので

今後、測量関係で不明な点がでた時は

一度、国土地理院HPを検索・参照することを

オススメします

ジョウ所長の掘り下げ

ベテランさんは意外と国土地理院HPを見ないw

これぼくの完全なる主観ですw

ベテランになると今までの経験が多すぎて

国土地理院HP等で調べる前に

理解できてしまうんですよね。。。

結果、見なくなるって感じです

なので

新入社員さんは

スキルアップして経験を積んでいったとしても

経験だけに頼らずに

少しでも疑問におもったことは

国土地理院HP等で検索して

知識をアップデートしてほしいですね

以上ここまでは

①:そもそも測量とは?

解説しました!

②:座標と標高

ここでもまず結論は

  • 座標は位置・平面・二次元 ”(X , Y)”
  • 標高は”高さ”

ということになります♪

理由は

土木の構造物等をつくるには

”座標(X , Y)” ”高さ” 

この3つの要素が必要だから

ということになります!

この座標と高さを

もう少し掘下げていきますね♪

座標

まず座標の

イメージは中学校でならう関数になります

  • Xが横軸
  • Yが縦軸

つぎに座標は

  • Xが縦軸(北南)
  • Yが横軸(東西)
  • 真北の方向角が「0度0分0秒」

関数と座標はざっくりいうと

縦軸と横軸が入れ替わっている

イメージで覚えてくださいね^^

つぎに

座標は

日本の地面に碁盤の目を書いている

ってイメージで覚えてください♪

1つの点で表現し

通常は1mmの精度で表現って感じで

日本のある場所に原点(0,0)があります♪

詳細は下記↓のURLからまた読んでみてください♪

国土地理院HP_日本緯度経度原点

また基準となる

基準点は全国にたくさんあります^^

標高

単純に標高とは「高さ」を表しています

国土地理院HP_高さの基準

標高も基準となる

水準点は全国にたくさんあります♪

ジョウ所長の掘り下げ

なぜ座標と標高を細かく解説するかっていうと

座標と標高の概念をアタマの中で

整理できないとICT活用と紐付かない

とぼくが考えているからです!

単純に

座標と標高をミックスさせたモノが三次元・3Dですっ!

なので

土木技術者として

自分の中できちんと整理してから

勉強しておかないと

ICT活用した測量で

出てくる三次元データの理解がしにくくなります!

なので

技術者視点でアタマの中で整理しておきましょう!

以上ここまでは

②:座標と標高

解説しました!

③:水準測量 (標高を測量する)

水準測量の結論は

工事現場で高さを測量する

ですね♪

そのままです^^

理由は

設計書どおりの構造物等をつくるために

高さ・標高を確定するには水準測量が必要だから

ですね^^

つぎに

水準測量に使う道具は

  • レベル
  • スタッフ

主にこの2つです♪

このあたりの詳細も

以前にブログと動画でだしていますので

そちらを参照願います♪

またこちらの

国土地理院HPもめっちゃ勉強になりますよ♪

国土地理院HP_水準点の測量

また実際の現場では

  • 掘削の床付け高
  • 構造物の天端高
  • 雨水排水管の管底

などなど

いたるところで水準測量します!

この測量そのものも大事なのですが

野帳の書き方も重要です!

いやいやまってくださいよっ!
野帳ってなんですか?

意味不明なキーワードですよね(笑)

ではまず

野帳っていうのは

現場に出る際にポケット等に

いれている手帳みたいなモノです!

いまは

アナログな野帳でけではなく

タブレット等を代用する場合もありますね♪

つぎに書き方っていうのは

水準測量した結果を

野帳に書いていくのですが

これにもルールがあります(笑)

この野帳の書き方を

ここで解説するめっちゃ時間かかりますので

さきほどご紹介した「水準測量」の

ブログと動画を参照してください!

以上ここまでは

③:水準測量 (標高を測量する)

について解説しました!

④:トラバース測量 (座標をつかって測量する)

ここも結論からですが

工事現場で位置を確定させる

ための測量ですね!

理由は

設計書どおりの構造物等をつくるための

位置を確定するには

トラバース測量が必要だから

ってことになります♪

ではここから具体例まじえてすすめていきます!

まず

座標を使った測量のことを

トラバース測量 or 多角点測量

といいます!

つぎに

測量の前には

いろいろと事前準備が必要です^^;

  • 基準となる”基準点”
  • 目標となる”構造物の位置”

これらを”座標”で用意します

通常、公共工事では

発注者(官)から工事発注前に

測量屋さんが測量したデータ(成果品)を

貸与してもらえます!

そのデータから

自分に必要な”座標”を

抜き出して利用するイメージです!

この貸与資料から

座標を選んで抜き出すのは少し手間なので

今回は割愛します(笑)

まぁ実際のところ

この作業はベテランさんがしてくれると

思いますので

大丈夫でしょう!

そんなこんなで準備をしてから

現場へいきますが

トラバース測量に使う道具は

トータルステーション (通称 TS or 光波)

プリズム(通称 ターゲットor マト)

現在は技術が進化してプリズムなしもありますね♪

トラバース測量の詳細は

こちらも以前に

ブログと動画をつくってますので

また参照してくださいね^^

以上ここまでは

④:トラバース測量 (座標をつかって測量する)

について解説しました!

⑤:ICTを活用したこれからの測量

では最後の結論は

いままで使ってきた道具を使わない

ってことになります!

理由は

技術革新のスピードが凄まじいから

ですね^^;

ここも具体例だしながら

解説していきますね♪

まず現実的なはなしは

今日現在、まだまだ主流は

水準測量とトラバース測量です!

しかし

時代はICTを活用しつつ

三次元・3Dを主体とした測量にかわってきています!

レーザースキャナーを利用した測量

レーザースキャナーを利用した測量

国土地理院HP_地上レーザスキャナによる公共測量

iPhoneProとiPadProのLiDARスキャナーを利用した測量

OPTiM Geo Scan | スマホで高精度3次元測量

株式会社マプリィ| 地理空間情報のアプリプラットフォーム

UAV・ドローンを利用した測量

国土地理院HP_無人航空機(UAV)を用いた公共測量

GNSSと携帯電話網を利用した測量

高精度測位サービス ichimill(イチミル) | 法人向け | ソフトバンク

ichimillをレビューしたブログと動画

他にもっといろいろあります!

新入社員として

基礎的な水準測量やトラバース測量を

マスターしつつ

新しい技術も勉強し

現場へ活用していってほしいですね!

ジョウ所長の掘り下げ

情報感度を敏感に!

自分自身のアンテナを常に高くして

新しい技術の情報を取得していってください!

これからの時代は

新しい技術をつかった測量はマストです!

以上ここまでは

⑤:ICTを活用したこれからの測量

解説しました!

おわりに

今回は

【新入社員さんへ】土木工事の測量【基本編2022】

というテーマで

この春に入社したばかりの

新入社員さんに向けた

測量についての内容を

まとめてみました!

極力、専門的な言葉を使わずに

解説したつもりです(笑)

焦らずにコツコツと

勉強して積み上げていきましょう!

ではまた次回のブログでお会いしましょう!

ではでは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる