MENU

【土方カーブ】土木で便利な計算式っ!【知っておくと便利っ!】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

はじめに

今回は土木現場でよく使う

知ってて便利な計算式の

第2回に「土方カーブ」

解説していきます!

YouTubeで解説しました

「ヘロンの公式・土方カーブ・三平方の定理」

のうち「土方カーブ」のみを解説します!

土方カーブ

土木でよく使う「土方カーブ」

R曲線やカーブの中間点を計算する公式

になります!

別名、「1/4カーブ」や「シブイチ」

ともいう人もいてますね^^

ぼくは「シブイチ」と言っていました♪

参考のイメージ図を下記↓にはっておきます♪

このイメージを踏まえて

「M1」「M2」を計算していきます!

  • M1=C2乗/8R
  • M2=M1/4

↑このM2の式の「M1/4」部分をとって

「シブイチ」と言われる語源ですね♪

つぎに

この土方カーブが

よく利用される理由ですが

ヘロンの公式と同様に

  • 計算が簡単
  • 一番汎用性が高い

って理由が大きいと考えています

なんせ計算そのものは中学生でも

問題なく理解できる内容です♪

肩のチカラを抜いていきましょう!

つぎに具体例をあげて解説していきます

まず使用する工種は

「縁石工」や「排水構造物」など

丁張りを設置する工種でよく使用します

丁張りと丁張りの中間点が

必要になった時に現場で計算して

追加の丁張りを設置

するイメージでいてくださいね♪

このイメージをもったとして

↓例題をあげますね

↑この例題で

「M1」「M2」を計算していきます!

まず「M1=C2乗/8R」の公式をつかって

「M1」を計算すると↓

「M1=2.178」の答えがでましたね!

つぎにこの「M1」をつかって

「M2=M1/4」の公式をつかって

「M2」を計算しますね!

「M2=0.545」の答えがでましたね!

このような感じで計算そのものは

結構簡単なので焦らず計算していきましょう!

注意するポイントは

「土方カーブ」の注意するポイントですが

計算結果が絶対ではないっ!!!

ということです

前提としてもちろん計算はめっちゃ大事!

です

要点はその後の話で

計算して丁張を追加して

必ず自分の「目」で

Rの曲線を確認すること

まず計算が間違っている場合

まず計算が間違っている場合は

きれいな曲線になってないので

速攻でわかります(笑)

計算もあっているが丁張が若干曲線がずれている場合

ざっくり言うとこの話は

曲線に違和感がある時って話です

計算はあっているが

丁張が若干曲線がずれている場合は

ぼく個人の意見はきれいな

曲線にあわします!!!

いやいやまってくださいよ!
そんなんあかんでしょ!

なるほどっ!
そこでぼくの考えは

土木は基本、公共物が多いので

一般の人が違和感なくつかえるモノに

仕上げることが優先と考えています♪

そこはもちろん

「境界」「幅員」等も守ったうえでの話です

そのうえで計算結果より

きれいな曲線にするほうがベスト

と考えていますね!

おわりに

今回は「土方カーブ」についての

解説でした♪

土方カーブを覚えると

現場で職人さんから追加で

丁張りを要望されてもサッと

対応できるようになるので

オススメの公式です♪

ぜひぜひマスターしてくださいね^^

ではまた次回のブログでお会いしましょう!

ではでは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる