MENU

【ヘロンの公式】土木で便利な計算式っ!【知っておくと便利っ!】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

はじめに

今回は土木で現場でよく使う

知ってて便利なヘロンの公式を

解説していきます!

今まではYouTubeで更新した内容を

ブログにしていましたが

YouTubeの内容をそのまま

ブログにすると

ちょっと長いなと思ったでの(笑)

今回からいくつかに分けて

ブログにしていきます(笑)

今回は

「ヘロンの公式・土方カーブ・三平方の定理」

のうち「ヘロンの公式」のみを解説します!

ヘロンの公式

土木でよく使う「ヘロンの公式」

現場で測量した面積を算出する時に使う公式

になります!

参考のイメージ図を下記にはっておきます↓

↑このイメージ図を踏まえて

使用する公式は

  • s=(a+b+c)/2
  • A(面積)=√s(s-a)(s-b)(s-c)

計算の順番は

まず最初に「s」を計算したあとに

「A(面積)」を計算します♪

このヘロンの公式が

よく利用される理由ですが

計算が簡単で

汎用性が高いから

になりますね

つぎに具体例をあげて解説していきます♪

よくヘロンを利用する工種は

  • 法面工
  • 舗装工

以上の工種の面積計算によく用いれますね♪

実際ぼくも頻繁につかっていました

では計算例にいくと

実際に現場で測定してきたデータを上記↑

とします

この測定データを表に代入する形でまとめると↓

この条件でまず「s」を計算します

この「s」がでると

次に「A」を計算していきます

という感じで「A」が算出できましたね!

最後に

「ヘロンの公式」で注意するポイントですが

特にないです(笑)

しいて言うとですが

現場で距離測定するときに焦らないこと

単純に焦らずにきちっと

三角形がつくれて

距離の読み間違いがなければOK

という感じです^_^

おわりに

今回は「ヘロンの公式」について

解説しました!

簡単な公式ですが

知ってると知らないとでは

大違いなのできっちりと

覚えて現場で使ってみてくださいね♪

また今回から数回はブログを短めに

区切って更新しています♪

その方が読んでいただいている方も

読みやすいかなと考えてのことです

ご意見ご質問等あれば

お問い合わせ」か「TwitterのDM」へ

ご意見いただければうれしいです

ではまた次回のブログでお会いしましょう!

ではでは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる