MENU

【後編】TSでの測量が過去になる3つの理由! 【ICT活用】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

はじめに

今回は

TSでの測量が過去になる3つの理由

というテーマを前後編の2つにわけて

解説します!

今回は【後編】です♪

まだ【前編】を見ていない方は

先に前編から読まれることをオススメします^^

前編でお話してきたテーマをおさらいすると

下記の3つのテーマのうち

1つめだけを解説した状態で後編へきています♪

①快測ナビ(杭ナビを併用)

②LiDARスキャナー・iPad Pro

③Geo Scan

では早速②と③の本題へいきましょう!

TSでの測量が過去になる3つの理由!

②LiDARスキャナー・iPad Pro

まずはLiDARスキャナーの結論ですが

座標を気にしなくてい良いのであれば

最強の点群取得可能なレーザースキャナー

かつ

安いっ!

という事になります^^

とりあえずここで

そもそもLiDARスキャナーってなんやねん???

って方もいてると思うので

ざっと簡単に説明すると

そもそもLiDARスキャナーとは

・iPad Pro や iPhone Pro に搭載されているレーザースキャナーのこと

・光をつかって測距することで三次元データ作成と点群データを取得できる技術

になります♪

もっと詳しく知りたい方は

以前のブログYouTube

関連コンテンツをあげてますので

よければそちらをご覧くださいm(_ _)m

つぎにLiDARスキャナーの

メリットとデメリットについてお話します

メリット

まずメリットの概要は

三次元データ(点群)として

現況測量や地形データを取得するのは

非常によい技術です^^

つぎにUI(ユーザーインターフェイス)ですが

めっちゃ簡単!

でかつ無料と有料アプルが多数あります!

なので自分に合うアプリを使うことができます!

つぎに価格ですが

安いですっ!

iPadProの端末価格だけで測量できるので

最安であれば10万円程度でOKです♪

デメリット

つぎにデメリットの概要ですが

LiDARスキャナーは三次元データ(点群)を

簡単に取得できるが座標を扱えない!

①と③の技術と圧倒的な違いは

座標値を扱えないことになります(;´Д`)

ここが一番のネックですね、、、

もう一つのデメリットは

レーザーの射程距離が「5m」と短い

ことになります、、、

ちなみにですが

市販されているLiDARスキャナーは

もっと高額かつ射程距離も長いです^^

いやいや!
LiDARスキャナー
座標がむりであれば
現場ではつかえませんよっ!

そうですかっ!
まぁそこで回答ですが

座標が使えないといっても

10万円前後の価格で

三次元データ(点群)を取得できるのは神ですよ!

このiPadProの能力は国交省さんも

一目おいてますからね!

参考のURL↓を下記にはりつけておきますので

ぜひ国交省さんの文献読んでくださいな^^

https://www.mlit.go.jp/common/001415324.pdf

深堀りポイント!

さらに深堀りポイントをお話すると

iPadProのLiDARスキャナーは

点群データが取得できるので

点群処理ソフトを利用すれば

土量計算や横断図作成など

いろいろ活用できます!

ちなみにぼくは無料で土量計算等

でできるソフトを使用しています!

・点群処理ソフト「CloudCompare」

http://www.danielgm.net/cc/

もちろん市販されている

点群処理ソフトでもOKです!

そんな点群データが10万円強の端末で

取得できるのがめっちゃ良いんですよ!

iPadProを活用したLiDARスキャナー!

ぼく個人的にめっちゃオススメです^^

以上

ここまでは

LiDARスキャナーについてお話しました!

③Geo Scan

つぎに3つめのGeoScanについてお話します!

メーカーさんの

URLは下記にはりつけておきます♪

https://www.optim.co.jp/construction/optim-geo-scan/

ここも結論からですが

今後の進化がめっちゃ楽しみな技術

ってことになります!

この技術は

②でお話したLiDARスキャナーを

利用した技術になります

なのでめっちゃ良いんですよ^^

理由は

ぼくが講習に参加して「デモ」の様子を

見学させてもらったからです♪

さきほどみてもらった

国交省さんの資料も「Geo Scan」

がモデルになっています♪

具体的に

この技術は1人で

現況測量やトラバース測量・構造物杭打ちが可能

もちろん

点群・三次元データもOKって技術になってます!

もちろん

この技術にもメリット・デメリットがあります

メリット

まずメリットは

UIにあたる操作がめっちゃ簡単っ!

です^^

アプリやクラウドのUIも直感的で好印象です♪

デメリット

つぎにデメリットは

やはり価格ですね、、、

ネットで確認できる範囲の価格ですが

  • GeoScan使用量 月額81,000円〜
  • GNSS端末費 約10万円
  • 通信費 月額1万円
  • iPad Proが10万円強

こんな感じの価格構成です、、、

いやいやまってくださいよ!
簡単っ簡単って
言いますけど色々買わなあかんし
構成がややこしいですわっ!

なるほどっ!
そこで回答ですが

ぶっちゃけそのとおりです(^_^;)

操作はUIが簡単で直感的であっても

準備の段取りや購入する部品

がいろいろあったりするので

ICTに疎遠な経営層に

説明し理解して購入の稟議OKを

もらうにはかなりの労力を必要とします(笑)

そこで深堀りポイントですが!

結論から言うと

ICT活用の分野は永遠に

「技術進化の過渡期」です!

それは技術進化のスピードが

平成や昭和時代とは比較にならない

ぐらい早いからです!

次から次へと新しい技術と商品が出てくるので

「また新しいモノが出るから」

といって待っていてはいつまでたっても

技術に追いつかないですし

技術のスキルも向上しません!

気がつくと完全においていかれます!

なので

構成が煩雑でややこしくて

高価な面も確かにありますが

建設的に取り組んでもらえればよいと考えます!

また

個人的に

メーカーさんには

もう少しユーザー目線を理解してもらって

  • シンプルな構成
  • 安価

この2点に

もう少しリソースをさいてもらって

開発をすすめてもらえると非常に嬉しいです

まぁ完全に個人的見解です(笑)

以上ここまではGeoScanについてお話しました!

おわりに

今回は

TSでの測量が過去になる3つの理由

というテーマでお話しました!

いまチマタで話題のICT活用した

測量技術のお話でした(笑)

この手の話は

ぼく個人的に興味ありありなので(笑)

ついつい熱くなってしまったので

すいません(笑)

いま現状お使いのTSや測量機器を活用しつつ

新しい技術を

少しづつ取り入れてもらえる

きっかけになれば嬉しいです!

ではまた次のブログでお会いしましょう!

ではでは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる