MENU

【前編】土木・現場監督が嫌われる行動10選!【やったらNG!】【必携!】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

はじめに

今回は

土木・現場監督が嫌われる行動10選!【やったらNG!】【必携!】

というテーマを前後編の2つにわけて

解説します!

今回は【前編】です♪

では早速本題へいきます^^

建設業の現場監督といえば

職人さんや発注者さんと

良好なコミュニケーションを

とることが必須ですよね!

そこで今回

それぞれに嫌われてしまう行動を

解説していきますので

一緒に学んで

良好な人間関係をつくれるようにしましょう!

いつものように解説する視点は

公共事業の土木現場・民間建設会社に勤める

若手・中堅の土木技術者の視点と

現場所長の視点で

嫌われてしまう行動

を解説していきます^^

対 職人

①:打合せどおりの段取になっていない

②:工程が二転三転する

③:図面等の資料をわたすのが遅い

④:話している内容に根拠がない

⑤:上から目線で話をする

⑥:現場に出てこない

対 発注者

⑦:何かあればすぐに設計・図面が悪いという

⑧:地元対応をすべて発注者へふる

⑨:竣工間際になってお金が足らないという

⑩:前任者には口頭でOKをもらっていたという

すこし多いですが(笑) 

この10項目を順番に解説していきます♪

ぼくの個人的主観がかなりはいっていますが

最後までお付き合いしていただければ

嬉しいです(笑)

いやいやまってくださいよ!
人によって嫌いなことは
変わってくるのでは?

なるほどっ!
そういう考えもありますね♪

でも

今回解説する内容は

ぼくが今まで出会ってきた

職人さんやいろいろな人たちの

何気ない会話の中から

聞いた内容をまとめています(笑)

このブログを読んでくれている

多数の人にも

「そうそう、そうやねん!」

と言ってもらえると信じて

今回のブログにまとめます(笑)

対 職人

①:打合せどおりの段取になっていない

結論はタイトルそのままの

打合せどおりの段取になっていない

です!

これの理由は

現場へ入る前に事務所で打合せした内容の

準備や工程になっていない

ですね(^_^;)

例えば大工さんであれば

施工初日は25tレッカーを元請けにて用意する

鉄筋屋さんであれば

10mごとにある躯体の目地位置には墨を出しておく

などあらかじめ打合せ時に約束した事が

現場で出来ていないと

めっちゃ嫌われる原因になります!

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントですが

職人さんから事前に要望されて

元請けとしてOKしたならば

その約束は必ず守るのがルール!

です

もしできないのであれば

前日のお昼までに必ず連絡するのがルール!

まぁ連絡したから了承してもらえるかは

不明ですけどね、、、、、、

やっぱり決めたことを守らないと、、、

それは嫌われます!

以上、ここまでは

①:打合せどおりの段取になっていない

について解説しました。

②:工程が二転三転する

まず結論からですが

工程が二転三転すると

人員手配と人員配置ができない

からになります!

これの理由ですが

職人たちは通常

複数現場を掛け持ちしています

なので

1つの現場の急な予定変更に

合わすことはできないのです(;´Д`)

なので事前に決めた工程がめっちゃ大事

ってことになります!

例えば

当初打合せ時は2週間後の月曜日から

着手の約束をしたと仮定して

打合せ4〜5日後

:着手は更に1週間遅れますと連絡して

さらに

打合せ8〜10日後

:着手はやっぱり当初どおりにしてほしいなど

元請けの意見が二転三転すると

嫌われるってことになります!

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントですが

職人さんの親方は

一旦、当初工程のキャンセルを聞いたとき

職人を遊ばせないようにするため

その穴を埋める目的で

いろいろ手配します

例えば

他の現場へ応援へいったり予定をいれる

ってことですね

そんな中

やっぱり当初どおりに来て!

なんて言うと

それは嫌われます!

以上、ここまでは

②:工程が二転三転する

について解説しました。

③:図面等の資料をわたすのが遅い

まず結論ですが

図面・施工図を渡すのが遅いと

セパや段取り鉄筋を用意できない

からになります!

この理由は

職人さんっていうのは

現場に入場するまえに準備するモノ

がたくさんあるから

になります(;´Д`)

もちろん当初契約した図面のままで

施工できるのであればOKなんですが

例えば

施工図を作図して

当初図面と違いがある場合などは

職人たちが事前に用意したモノ

が微妙に合わないときが悲劇、、、

になります(;´Д`)

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントですが

ここは単純に

当初契約図面から施工図を経由して

構造物や展開図が変わる場合は

なんせすぐに連絡と資料をメールして

連携することが大事!

ってことになります

職人が現場に来てから言うなんて問題外っ!

それは嫌われます!

以上、ここまでは

③:図面等の資料をわたすのが遅い

について解説しました。

④:話している内容に根拠がない

結論はタイトルそのままですが

話している内容に根拠がない

になります!

この理由は

監督本人が

図面や仕様書をきっちり理解できていない

ことになります(;´Д`)

例えば

大工さん

折点のところの処理はどうするの?

鉄筋屋さん

壁とウイングの取合い部分をちょっと確認したいねんけど

と監督さんへ質問しても

うまい事しておいてください

ええかげんかつ責任感のない言葉

をいうと

嫌われます!

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントですが

こうなってしまう根本の原因は

監督自身が

図面と仕様書を完全に理解できていないので

職人さんからの質問に対して

自信をもって自分の言葉で返答できない

ことがあげられます

こうなると嫌われるます!

こうならないように勉強しましょう^^

以上、ここまでは

④:話している内容に根拠がない

について解説しました。

⑤:上から目線で話をする

ここの結論もタイトルそのままですが

上から目線で話をする

になります!

理由は

監督本人が

お前は何様やねんっ!

っていう言葉づかいで話をするから

になりますね(;´Д`)

例えば

日々の

  • 朝礼や昼の打合せ
  • 作業中や立会中
  • 夕方の片付けからの帰宅

など

職人さんに対して

常に「俺は監督やぞ」的な

言葉づかいで職人さんと接すると

それは

嫌われます!

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントです

昔も今もぼくは同じ考えですが

監督が上とか、職人が下とかはないです!

普通の言葉づかいで

対等な立場で接することが大事ですね^^

上から目線で仕事していては

嫌われます!

以上、ここまでは

⑤:上から目線で話をする

について解説しました。

⑥:現場に出てこない

さいごに6つめの結論ですが

現場に出てこない・現場で見ないっ

です(笑)

この理由は

監督本人が

ずっと事務所内で内業・書類をしているから

ですね(;´Д`)

例えば

監督の姿を職人さんが見るのは

朝礼・昼の打合せ・立会のみ

現場は若手が必死に対応しているため

若手からのSOSであったり

職人からTELがあった場合のみ

監督本人が渋々現場へ出てくる

って感じですね、、、

それは

嫌われます!

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントです

監督本人が

内業・書類が忙しいとは思いますが

極端に現場へ出ないのは、、、アカンね、、、

何事もバランスが大事です!

現場には積極的にでましょう♪

出ないとやっぱり

嫌われます!

以上、ここまでは

⑥:現場に出てこない

について解説しました。

おわりに

今回は

土木・現場監督が嫌われる行動10選!【やったらNG!】【必携!】

【前編】の解説をしてきました!

コミュニケーションって難しいですね(^_^;)

ということで【後編】へ続きます♪

ではまた次回お会いしましょう

ではでは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる