MENU

【後編】土木・現場監督が嫌われる行動10選!【やったらNG!】【必携!】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

はじめに

今回は

土木・現場監督が嫌われる行動10選!【やったらNG!】【必携!】

というテーマを前後編の2つにわけて

解説します!

今回は【後編】です♪

まだ【前編】を見ていない方は

先に↓前編から読まれることをオススメします^^

前編でお話してきたテーマを少しおさらいすると

対職人

①:打合せどおりの段取になっていない

②:工程が二転三転する

③:図面等の資料をわたすのが遅い

④:話している内容に根拠がない

⑤:上から目線で話をする

⑥:現場に出てこない

この6つの嫌われる行動を解説してきました!

今回は後編で

対発注者

⑦:何かあればすぐに設計・図面が悪いという

⑧:地元対応をすべて発注者へふる

⑨:竣工間際になってお金が足らないという

⑩:前任者には口頭でOKをもらっていたという

この↑上記4つの解説をします^^

ぼくの個人的主観がかなりはいっていますが

最後までお付き合いしていただければ

嬉しいです(笑)

対発注者

⑦:何かあればすぐに設計・図面が悪いという

結論はタイトルそのままで

何かあればすぐに設計・図面が悪いという

です!

これの理由は

愚痴を言っても

何も好転しないんですよね(^_^;)

発注者の心象が

悪くなるだけだからです

例えば

現場をしていれば現場と図面が合わないや

不一致なんてことは日常茶飯事と思います(^_^;)

それをイチイチ発注者へ愚痴っていては

前向きな状況になるわけありません(笑)

そんな事していると

嫌われます!

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントですが

受注者として愚痴を言う気持ちは

十分にわかります(笑)

でも愚痴っても空気悪くなるだけです

なので設計・図面がよろしくないと

言ってよいのは現場初期に1回だけ!

あとは設計照査や協議で

変更対象にしていきましょう

そのように前向きな対応をしていかないと

嫌われます!

以上、ここまでは

⑦:何かあればすぐに設計・図面が悪いという

について解説しました。

⑧:地元対応をすべて発注者へふる

ここも結論はタイトルそのままで

地元対応をすべて発注者へふる

です!

理由ですが

基本ルールは受注者で対応するものだからですね

もちろん、時と場合によりますけどね(^_^;)

例えば

現場へきた地元さんからの苦情や

モロモロすべてを

発注者へふる現場監督さんがいてます(^_^;)

もちろん発注者への報告は必要ですが

どのように対応するか?は

受注者・現場監督の腕の見せどころでもある!

のです^^

ぼくの推測ですが発注者は

そんなん受注者で対応せいやっ!

と思っているはずです(笑)

違っていたらゴメンナサイ(笑)

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントですが

受注者として発注者へふりたい気持ちは

十分にわかります(笑)

でも地元対応って先程も言いましたが

本当に腕の見せどころなんですよね!

それは

人と人の話なので答えが1つではないからです!

なので

現場監督・受注者の個性がめっちゃでます!

ポジティブにチャンスととらえて

対応しましょう!

発注者へふると嫌われます(笑)

以上、ここまでは

⑧:地元対応をすべて発注者へふる

について解説しました。

⑨:竣工間際になってお金が足らないという

ここも結論はタイトルそのままで

竣工間際になってお金が足らないという

です!

理由は

工事費・お金は変更契約しないと変更できない

のでもちろん簡単ではないからですね(^_^;)

例えば

変更契約のときは

発注者・受注者双方が合意して契約更新をして

工事費や工期・工事内容を変更していきますよね

でも

ときどき

変更契約したあと

現場さいごの1〜2週間ってタイミングで

協力業者さんから請求書がきて

お金を支払った累計金額をみると

お金が足らんことに気がついた!

って現場監督さんがたまにいてます(;´Д`)

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントですが

現場監督の職務として

最初に実行予算をつくって

現場進捗しながら毎月

支払い累計や支払い残の金額を

確認していくべきなんですが

たまにこれができない現場監督がいます!

そんな状況やのに

それをサクッと発注者へいうと

それは嫌われます!

以上、ここまでは

⑨:竣工間際になってお金が足らないという

について解説しました。

⑩:前任者には口頭でOKをもらっていたという

ここも結論はタイトルそのままで

前任者には口頭でOKをもらっていたという

です!

理由は

口頭だけの約束では設計変更できない!

からですね(^_^;)

まぁあたりまえと言えばあたりまえの話です♪

例えば

よくあるのが年度マタギの工事ですね!

工期が3月31日を

またいでいる工事のことを言います♪

発注者さんは3月31日で異動され

4月1日に新しい人が異動してくる感じです

そして

4月以降に現場監督さんから新任の発注者へ

ポツリと

前任者の人には

口頭で変更のOKもらっていたんですけどね〜

と主張する現場監督さんがいます!

口頭でお話した内容は基本変更できません!

深堀りポイント

ここで深堀りのポイントですが

変更の対象にするのであれば

「協議」するか「指示」をもらうかは絶対です!

ぼく個人的な意見ですが

最悪、打合せの議事録をとっておいて

それを工事打合せ簿「報告」し

履歴を残しておきましょう♪

そういう書類が残っていない状況で

口頭だけで話をすると

それは嫌われます!

以上、ここまでは

⑩:前任者には口頭でOKをもらっていたという

について解説しました。

おわりに

今回は

土木・現場監督が嫌われる行動10選!【やったらNG!】【必携!】

【後編】の解説をしてきました!

工事現場は職人・発注者・現場監督など

イロイロな立場の人がいるので

良好に意思疎通をはかるのは簡単ではないです!

はっきり言って難しいです(笑)

でも少し相手の立場にたって・考えることで

コミュニケーションが

良好になることも事実です♪

今回の【前後編】の内容を

少し頭にいれてもらって

明日からの打合せ等に活用してみてください!

ではまた次回のブログでお会いしましょう!

ではでは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる