MENU

型枠支保工の計算方法!【自分で計算できるっ!】【スキルアップにつなげる!】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

はじめに

今回は

型枠支保工の計算方法

について解説していきます^^

土木工事で

主にボックスカルバート

施工する際に必要になる計算になりますね

参考の写真はこちら↓

最近は二次製品のボックスカルバートが

増えてきましたが

現場打ちのボックスカルバートも

まだまだ見かけますね

そこで今回の解説なんですが

このボックスカルバートを

施工する際に必要な

型枠支保工の計算方法

を解説していきます^^

本題の前に補足ですが、

型枠支保工の支柱が3.5m以上になると

労働基準監督署に届け出が必要

になります

その労働基準監督署に

提出する設定で解説していきます

いやいやまってくださいよ
型枠支保工の計算って
材料リース会社

でやってもらいますよ

なるほどっ!

まぁそこで

ブログを読むメリットなんですが

リース会社で計算してもらう

っていうのも1つの正解なんですが

土木技術者として

構造計算を理解することは重要

ですよ^^

なにより

構造計算の基本

が学べますからね

また自分で計算を理解すると

例えば生コン打設時の

荷重(負荷)がかかった際

どの部分が構造上の弱点

になっているか

自分が理解できているので

予防対策や準備ができますので

万全の安全対策にもなりますね♪

以上を踏まえて

詳細テーマは2つ

  • 型枠支保工の概要編
  • 型枠支保工 個々の計算編

以上を解説していきますね!

土木技術者目線で

支柱高が3.5m以上の労働基準監督署へ

届け出を提出する想定で

解説にしていきます♪

型枠支保工の概要編

ではまず

型枠支保工の概要編

から解説していきますね

サンプルの

ボックスカルバートはこちら↓

サンプルの構造は

  • 支柱高が5.0m
  • スラブ厚が60cm

以上の条件で

すすめていきます

用語の説明

まず「用語の説明」です

サンプルの図面と写真を

3枚連続で見ていただくと↓

つぎに

上から順番に

用語(材料)を解説すると

合板」: 厚み12mm いわゆる型枠材

根太材」:□-60×60 いわゆる鋼管

大引材」:□-100×100 いわゆる鋼管

大引受けジャッキ」:~支柱へ続く

以上になります

概要書を労働基準監督署へ提出する

つぎに

「概要書を労働基準監督署へ提出する」

ですが

そのサンプルがこちら↓

↑この

「青色」でハッチングした部分を

次のテーマで掘り下げていきますね

型枠支保工の計算についての概要

つぎに

型枠支保工の計算についての概要

ですが

誤解を恐れずに簡単に言うと

支柱1本が受け持つ範囲(面積)を決めて

その支柱にかかってくる加重(負荷)を計算すること

ということになります

その計算は

垂直方向」と「水平方向

の2種類って事になります

このように

細分化して噛み砕いて考える

理解しやすく頭にすっと入ってくる

と思います

あわせて読みたい
成果をだすっ! 土木工事の図面の見方!!! 【平面図・横断図・縦断図】 【はじめに】 今回は 土木工事における 「図面の見方」 を解説していきます 土木工事には必須の 平面図、横断図、縦断図 の解説になります♪ 実際の工事ではCADなどの 電...

型枠支保工 個々の計算編

ここからが本題の

「型枠支保工 個々の計算編」

に進んでいきます

例題を交えた深堀りの解説ですね

条件及び許容値

まず計算に使用する

条件及び許容値」ですが

サンプルがこちら↓

これは

使用する部材1つ1つの

許容値(どれぐらいの過重に耐えれるか?)

を有しているか?

ということを表しています

スラブ荷重の算出

つぎに

スラブ荷重の算出

サンプルがこちら↓

これは

1m2あたりのスラブ重量を算出し

その重量に作業荷重と衝撃荷重

を足し算します

今回でいうと

17.5kN/m2

の過重がかかる計算結果になります

せき板の検討

つぎに

せき板の検討

にいきます

ここから少し構造計算らしくなります

サンプルがこちら↓

曲げモーメントとか

出てきて

ちょっとややこしくなりますが

お付き合いください(=_=)

この計算は↑

単純梁」の計算になります

支点Aと支点Bで支えらえている

あいだの部分が壊れないかを計算

しています

求める計算内容は2つあります

1つ目は「曲げ」:この計算は、言葉どおり曲がって折れないかを計算しています

2つ目は「たわみ」:この計算は、水平のモノが荷重(重さ)で下にどの程度変形するかを計算しています

今回の計算結果は

曲げ「829N/cm2」

たわみ「0.24cm」

両方ともに

許容値内でOK

の計算結果となっています

根太材の検討

つぎは

根太材の検討

にいきます

サンプルがこちら↓

ここの計算は

上記のせき板の検討に

せん断力

も追加されます

せん断力とは

:上下から荷重をかけて

モノを上下にずらすように作用させるチカラ

になります

ちなみにせん断力を応用した技術が

「ハサミ」になります

ではなぜ根太材の検討から

せん断力

が追加されるのか

理由は

せき板は、部材全体で荷重を受け止めています

根太材は、1本1本が細く等間隔で設置していくため、

根太材に対して直角方向に「せん断力」が発生するから

という理由です

根太材を設置したところの

写真サンプルがこちら↓

今回の計算結果は

せん断力「1,237N/cm2」

曲げ「10,011N/cm2」

たわみ「0.25cm」

となり3つともに

許容値内でOK

の計算結果となっています

大引材の検討

つぎに

大引材の検討

にいきます

サンプルがこちら↓

この大引材の計算内容及び考え方は

上記の根太材の検討と同じですので

割愛しますね(;^ω^)

支柱の検討

つぎに

支柱の検討

にいきます、サンプルがこちら↓

ここの計算は

支柱1本にかかる荷重を計算します

今回は支柱の配置を

縦1.2m×横1.2mと仮定した条件

で計算しています

計算した荷重と支柱に使用する部材の

許容値を足し算した結果と比較します

許容値内であれば

型枠支保工の計算は終了になります

今回は

「25.200kN/本」 となり

許容値内でOK

の計算結果となります

結果のまとめ「概要書」

さいごに

結果のまとめ 概要書

にいきます

最初に見ていただいた概要書がこちら↓

上記より一緒に計算してきた内容が

1.垂直荷重」の項に該当します

この垂直荷重を踏まえて

次に

「2.水平荷重」

を計算します

「1.垂直荷重」の項で計算した

設計荷重(17.5)を使用します

この設計荷重に負担面積と

5%を掛け算した数値が水平荷重

になります

水平荷重が

補強材(通常は筋交)の許容値内

であればOKとなります

(今回:許容値内でOK)

おわりに

今日は

型枠支保工の計算方法

について解説してきました

例題を用いて解説しましたが

少し難しいところもあったかと思います(;^ω^)

しかし土木技術者として

この計算を自分で理解して出来るようになれば

1つステップアップできるのも事実です

リース会社さんの計算に頼り切るのではなく

是非自分でも計算できるように

勉強してみてください

ぜひみなさんからの

「計算できるようになりました」

のコメントお待ちしております^^

ではまた次回のブログでお会いしましょう♪

ではでは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる